iPhoneを買取してもらう時の注意点

新しいiPhoneが発売されたらすぐ欲しいですよね。そんな時には手持ちのiPhoneを買取に出して買い替えの際の資金にするのがおすすめです。

そんな時に注意するべきポイントがいくつかあります。
まずは割賦残債期間を確認しましょう。本体の支払いがまだ終わっていない状態では買取してもらうことはできません。



iPhoneの「設定→一般→情報」で15桁のIMEI(製造番号)がわかります。

それがわかればキャリアのインターネットサイトで本体の残債がないか、月々の通話料の支払いの滞納などがないかが調べられます。

買取に出せる状態だとわかったら買った時の状態に戻します。



普段iCloudを利用していても写真などは保存の枚数や期間に制限がありますので、パソコンにiPhoneのデータのパックアップをとります。



その後、本体の中身を全て消去します。消去は「設定→一般→リセット」からできます。全てのコンテンツと設定を消去を行います。

大切な写真などのデータや自分や周りの人の個人情報が満載なのでしっかり確認をしてリセットをしましょう。

iPhoneを買い取ってくれるお店は実店舗はもちろん、インターネットで探すとたくさん見つかります。
何店舗か調べて一番高く買ってくれるところに売りたいというのは本音ですが、あまりに高く買い取るとうたっているサイトは要注意です。
口コミなども参考にして安心して取引ができるお店に買取を依頼することをおすすめします。