ジャンク品のiPhone買取を行っている業者がある

使用をしているうちに液晶画面が壊れてしまうなどの、ジャンク品となってしまうiPhoneもあると思います。


ジャンク品化してしまった場合には、そのうち反応しなくなってしまうことが考えられますし、そのような状態になると記録されたデータの中身が取りだすことが難しくなります。

ジャンク品化した場合には修理をすることで使用を続けることも可能ですが、買い換えてしまうことで新しい端末にしたい人も多いでしょう。修理業者に依頼することで修理をしてから売却することも考えられますが、手間がかかりますし、売却したときにどの程度の価格で売ることができるのかわからない不安要素もあります。



様々なことを検討すると、ジャンク品化したiPhoneであっても、そのまま買取店に持っていくことがおすすめと言えます。
本体破損とは端末そのものに大きなひびが入っているものや、大きく損傷している状態のことを指します。



本体破損を起こしているiPhoneや、液晶割れを起こしているiPhoneでは古い型式のものでは0円から1000円ほど、最新のものであれば5000円ほどの価格で売却することが可能です。

iPhone買取の専門店の中には、起動が不能なものや水没した問題を抱えているものであっても買い取ってもらうことができるお店があります。



買取価格としてはシリーズや容量によっても差が出ますが、液晶画面が割れていたり、起動不能であっても3000円から15000円で買い取りを実施している業者があります。